よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 11356
  • 公開日時 : 2019/03/15 17:00
  • 印刷

投資信託の積立の方法を教えてください。

カテゴリー : 

回答

投資信託の積立方法は、一括積立と個別積立の2種類の方法から選択できます。
つみたてNISAで積立する場合は、こちらをご確認ください。

一括積立

【投信アプリ】から一括積立する場合は、こちらをご確認ください。
  1. 投資信託会員画面内上部【投信取引】-【積立設定一覧】画面で、「目標ポートフォリオを積立設定する」ボタンをクリックします。



     
  2. 【新規一括積立設定(目標ポートフォリオ)】画面で積立条件を入力します。
     
    入力項目 内容
    口座区分
    「全銘柄まとめて選択」「銘柄毎に選択」のどちらかを指定します。
    「全銘柄まとめて選択」を指定した場合は、「特定」「一般」「NISA優先」からいずれかの口座区分を選択します。
    「特定」「NISA優先」は各口座が開設済みの場合のみ選択可能です。
    積立金額
    一括積立全体の設定金額を入力します。
    積立日
    積立日を「毎月」「毎週」「毎日」から選択します。
    「毎月」の場合:希望の日付(1~30、月末)を選択します。
    「毎週」の場合:希望の曜日(土日を除く)を選択します。
    増額月の設定
    積立日で「毎月」を選択した場合、増額月の設定をする/しないの選択が可能です。
    増額する月は最大2つ入力可能です。

    <増額月の設定例>
    積立金額は毎月10,000円だが、6月と12月の積立金額を50,000円にする場合、「積立金額」に10,000円と入力し、「増額する金額は」に40,000円と入力することで合計50,000円の設定となります。


    【ご注意】
    1. 積立日「毎月」「毎週」「毎日」を選択し、指定日が土日祝に該当する場合、翌営業日を積立日として扱います。
    2. 積立日「毎月」で29日・30日を選択し、指定日が存在しない場合(2月29~30日)、翌営業日を積立日として扱います。
    3. 積立日「毎月」で月末を選択した場合、当該月の最終日を積立日として扱い、最終日が土日祝(非営業日)の場合は翌営業日(翌月月初)を積立日として扱います。
    4. 積立の注文は積立日の夜間バッチ処理で注文が生成され、余力審査を行います。
    5. 余力審査で投資信託口座内の余力が不足している場合は、不足額をネットストック口座から投信信託口座へ振替可能か確認し、振替可能な場合は夜間データ一括処理で自動振替を行ったうえで積立注文を生成します。
    6. 余力が不足している場合は積立注文が失効します。
    7. リバランス注文中に積立日が到来した場合、リバランス注文の完了後に積立注文が発注されます。
     
  3. 「目標ポートフォリオ情報」で、各銘柄の積立条件を指定します。

    「銘柄毎に選択」を指定した場合、銘柄によって口座区分と分配金コースの選択が可能です。


    【ご注意】
    1. 「全銘柄まとめて選択」を指定した場合、選択した口座区分で表示を行います。変更はできません。
       
  4. 各銘柄の目論見書・目論見書補完書面を確認します。

    未閲覧の交付目論見書および目論見書補完書面をクリックし、全ての書類の内容を確認したら「私は、上記の目論見書…」にチェックを入れ、「次へ(積立設定確認)」ボタンをクリックします。

     
  5. 積立の設定内容を確認し、取引暗証番号を入力のうえ、「設定する」ボタンをクリックします。

     
  6. 設定完了

    以上で一括積立の設定完了です。

個別積立

【投信アプリ】から個別積立する場合は、こちらをご確認ください。

保有銘柄から積立設定をする場合

  1. 投資信託会員画面内上部【投信取引】-【積立設定一覧】画面で、「保有銘柄から積立設定する」ボタンをクリックします。

     
  2. 【残高照会】画面で、積立設定したい銘柄の「積立」ボタンをクリックすると、【新規積立設定】画面に移動します。
    「一括積立」を設定している銘柄の場合、エラーが表示されます。
    「個別積立」を設定している銘柄の場合、【積立設定変更】画面に移動します。

  3. ここからの手順は、銘柄を検索して積立設定する場合の手順3以降をご確認ください。
     

銘柄を検索して積立設定する場合

  1. 投資信託会員画面内上部【投信取引】-【積立設定一覧】画面で、「銘柄を検索して積立設定する」ボタンをクリックします。

     
  2. 【取扱投信一覧】画面で、積立設定したい銘柄の「積立」ボタンをクリックすると、【新規積立設定】画面に移動します。
    投資信託の銘柄は様々な条件で絞り込むことが可能です。詳細はこちらでご確認ください。
    ロボアドバイザーで銘柄を探して積立することも可能です。詳細はこちらでご確認ください。


     
  3. 【新規積立設定】画面で積立条件を入力します。
     
    入力項目 内容
    口座区分
    「特定」「一般」「NISA優先」からいずれかの口座区分を選択します。
    「特定」「NISA優先」は各口座が開設済みの場合のみ選択可能です。
    積立金額
    積立金額を入力します。
    積立日
    積立日を「毎月」「毎週」「毎日」から選択します。
    「毎月」の場合:希望の日付(1~30、月末)を選択します。
    「毎週」の場合:希望の曜日(土日を除く)を選択します。
    増額月の設定
    積立日で「毎月」を選択した場合、増額月の設定をする/しないの選択が可能です。
    増額する月は最大2つ入力可能です。

    <増額月の設定例>
    積立金額は毎月10,000円だが、6月と12月の積立金額を50,000円にする場合、「積立金額」に10,000円と入力し、「増額する金額は」に40,000円と入力することで合計50,000円の設定となります。


    【ご注意】
    1. 積立日「毎月」「毎週」「毎日」を選択し、指定日が土日祝に該当する場合、翌営業日を積立日として扱います。
    2. 積立日「毎月」で29日・30日を選択し、指定日が存在しない場合(2月29~30日)、翌営業日を積立日として扱います。
    3. 積立日「毎月」で月末を選択した場合、当該月の最終日を積立日として扱い、最終日が土日祝(非営業日)の場合は翌営業日(翌月月初)を積立日として扱います。
    4. 積立の注文は積立日の夜間データ一括処理で注文が生成され、余力審査を行います。
    5. 余力審査で投資信託口座内の余力が不足している場合は、不足額をネットストック口座から投信信託口座へ振替可能か確認し、振替可能な場合は夜間バッチ処理で自動振替を行ったうえで積立注文を生成します。
    6. 余力が不足している場合は積立注文が失効します。
    7. リバランス注文中に積立日が到来した場合、リバランス注文の完了後に積立注文が発注されます。
     
  4. 新規積立設定する銘柄の目論見書・目論見書補完書面を確認します。

    未閲覧の交付目論見書および目論見書補完書面をクリックし、全ての書類の内容を確認したら「私は、上記の目論見書…」にチェックを入れ、「次へ(積立設定確認)」ボタンをクリックします。

     
  5. 積立の設定内容を確認し、取引暗証番号を入力のうえ、「設定する」ボタンをクリックします。
     
  6. 設定完了

    以上で個別積立の設定完了です。
     
 
 
 
【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • 理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。