よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 13561
  • 公開日時 : 2019/12/20 16:00
  • 印刷

ポートフォリオ提案の運用コースやリスク許容度選択とは何ですか。

回答

運用コースやリスク許容度選択とは、運用する資産の内容やその投資配分比率を決定するための基準となるものです。
 
運用方針チェックのアンケートで回答いただいた内容をもとに、リスク許容度を判定し、ポートフォリオを選択します。

運用コース

コース
内容
分散投資コース
分散効果を最大限に発揮することを目的として、伝統的な資産である国内外の様々な資産に投資するポートフォリオです。
メリットとしては一部の資産が大きく値下がりしたとしても、資産全体の損失額を抑えることができます。デメリットとしては一部の資産が大きく値上がりしても、資産全体の利益額は限定されます。

リスク許容度選択

許容度 内容
リスク1 最も保守的な運用(リスクを抑えることを最優先に考える)
リスク2 やや保守的な運用(どちらかというとリスクを抑えることを優先する)
リスク3 バランスがとれた運用(リスクとリターンのバランスを最優先する)
リスク4 やや積極的な運用(どちらかというとリターンを求めることを優先する)
リスク5 最も積極的な運用(リターンの最大化を最優先に考える)
 
 
リスク許容度については、提案されたリスク許容度から変更することも可能です。
 
リスク許容度選択を変更する場合は、希望の許容度につまみをスライドさせることで変更できます。
 
また、設定したポートフォリオの内容については、【ポートフォリオ提案】画面中段の「選択したポートフォリオについて」と「ポートフォリオ構成情報」で確認できます。
ポートフォリオの初回設定時に構成投資信託や比率は変更できません。運用開始後に投資信託お客様サイト【アドバイザー】-【目標ポートフォリオ】画面より目標ポートフォリオの変更を行ってください。詳細はこちらをご確認ください。
 
設定したポートフォリオ提案を保存する場合は、【ポートフォリオ提案】画面下部の「提案内容を保存する」ボタンを、このままのポートフォリオで運用を始める場合は「目標を設定する」ボタンをクリックします。
 
当社WEBサイトから運用方針チェック画面でアンケートに答えた場合は、「口座開設」ボタンと「ログイン」ボタンが表示されます。証券口座が未開設の場合は「口座開設」ボタンから証券口座開設手続きを、投資信託口座が開設済の場合は「ログイン」ボタンから投資信託お客様サイトへログインしてください。なお、投資信託口座が未開設の場合は、証券口座お客様サイトより、投資信託口座の開設が必要です。
投資信託口座の開設後、初めて投資信託お客様サイトにログインした場合は、「目標を設定する」ボタンのみ表示されます。
 
なお、【投信アプリ】でもリスク許容度選択ができます。アプリのダウンロード・インストール方法はこちらでご確認ください。
 
 
 
【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • ※理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • ※こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※当社へのお問い合わせ方法は、こちらをご確認ください。