よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 14975
  • 公開日時 : 2017/05/01 12:14
  • 印刷

為替ヘッジの「あり」と「なし」はどのような違いがありますか。

回答

外貨建て資産(先進国/新興国、株式/債券/リート)の基準価額は、その資産自体の値動きに加え、為替の値動きによる影響も受けて決定します。

為替の値動きによる影響を小さくするため、「為替ヘッジ」という手法を利用することがあります。

「為替ヘッジあり」の場合は為替の値動きによる影響を受けにくく、「為替ヘッジなし」の場合は為替の値動きによる影響を受けます。

なお、「為替ヘッジあり」では、ヘッジコストが発生するため、為替の値動きがまったくないと仮定した場合、ヘッジコスト分だけ「為替ヘッジなし」よりもリターンが小さくなります。

また、「為替ヘッジなし」では、為替の値動きによる影響を受けるため、基本的に「為替ヘッジあり」よりもリスク(ボラティリティ)が高くなります。
 

  為替ヘッジあり 為替ヘッジなし
ヘッジコスト あり なし
為替の値動きによる影響
リスク(ボラティリティ)

 
【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • ※理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • ※こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※当社へのお問い合わせ方法は、こちらをご確認ください。