よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1749
  • 公開日時 : 2019/12/20 16:00
  • 更新日時 : 2020/02/07 17:00
  • 印刷

特定口座と一般口座の振替方法を教えてください。

回答

特定口座から一般口座への振替

特定口座で保有する株式は、一般口座へリアルタイムで振替えることが可能です。

お客様サイト【資産状況】-【預り残高振替】画面よりお手続きください。振替完了後、一般口座で売却注文の入力が可能です。

 
同一銘柄を特定口座で複数保有し、特定口座から一般口座へ部分振替する場合、自動的に古い取得日の株式から振替えます。取得日の指定はできません。
特定口座から一般口座に振替後、再度特定口座に入庫することはできません。
投資信託の取扱銘柄を一般口座に振替える場合は、松井証券顧客サポートまでお問い合わせください。
 
【ご注意:貸株サービスをご利用の場合】
貸株サービスで貸出中の株式は、一般口座へ振替できないため、【預り残高振替】画面に表示されません。
 
振替を行う場合は、対象銘柄の銘柄別設定を変更し、貸出中の株式を返却したうえでお手続きください。営業日の夕方データ一括処理開始(15:30頃)までに銘柄別設定を変更した場合、翌営業日19:00以降に振替が可能となります。
 
(例)
2020年2月14日(金)15:30までに貸出しを停止した場合、2月17日(月)19:00以降
2020年2月17日(月)15:30までに貸出しを停止した場合、2月18日(火)19:00以降

一般口座から特定口座への振替

一般口座で保有する株式等は、特定口座へ振替えることができません。

一般口座から特定口座への振替は、2009年5月29日をもって終了しました。
 
 

【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • ※理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • ※こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※当社へのお問い合わせ方法は、こちらをご確認ください。