よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 18909
  • 公開日時 : 2020/01/24 17:00
  • 印刷

自動リバランスの設定方法を教えてください。

回答

自動リバランスの設定方法は、次のとおりです。
【投信アプリ】から自動リバランス設定する場合は、こちらをご確認ください。
  1. 投資信託お客様サイト【投信取引】-【リバランス】画面をクリックします。


     
  2. 【リバランス設定】画面で、「自動リバランスを設定する」ボタンをクリックします。


     
  3. 【自動リバランス条件設定】画面で、「リバランス頻度」に応じて「リバランス日」を設定します。「リバランス頻度」は年4回まで設定できます。
    リバランス日の変更はできません。リバランス日を変更する場合は、自動リバランス設定を解除後、再設定が必要です。
    複数の「リバランス日」を設定する場合、30日以上の間隔をあけて設定してください。
    2月29日および存在しない日付は設定できません。
    リバランス日が非営業日の場合、翌営業日にリバランスを行います。


     
  4. リバランス対象銘柄の購入時の「口座区分」および「分配金コース」を選択します。
     
    口座区分
    対象投資信託の口座区分(特定/一般/NISA優先のいずれか)を選択します。
    つみたてNISA口座を開設している場合、口座区分「NISA優先」は表示されません。
    分配金コース
    対象投資信託の分配金コース(再投資/受取のどちらか)を選択します。
    すでに保有している投資信託の場合は、保有中の分配金コースが表示され、変更はできません。
    目標ポートフォリオの購入時の口座区分にかかわらず、あらかじめ「特定」が表示されます。口座区分を変更する場合は、プルダウンメニュー(▼)をクリックして選択してください。


     
  5. 購入する投資信託の目論見書・目論見書補完書面を確認し、取引暗証番号を入力のうえ、「設定する」ボタンをクリックします。
     未閲覧の交付目論見書および目論見書補完書面をクリックします。
     すべての書類の内容を確認したら「私は、上記の目論見書・・・」にチェックを入れてください。


     
  6. 自動リバランス設定完了後、投資信託お客様サイト【投信取引】-【リバランス】画面で、「自動リバランス設定状況」を確認します。

【ご注意】
  • 目標ポートフォリオの構成銘柄に、つみたてNISAで個別積立している銘柄が含まれる場合、自動リバランスを行う際につみたてNISAでの保有分も含めて解約注文の対象となる可能性があります。
  • 目標ポートフォリオの構成銘柄に積立専用銘柄が含まれる場合は、自動リバランスを設定できません。
  • すでにリバランス中の注文がある場合やリバランス注文以外の未成立の注文(購入・解約・積立)がある場合、今回の自動リバランスをスキップし、翌営業日または次回予定日に自動リバランスを行います。ただし当該未成立の注文が目標ポートフォリオの構成銘柄の解約注文である場合、自動リバランス設定が「失効」となり、次回以降の自動リバランスを行わないことがあります。
  • 自動リバランス設定中やリバランス注文が発注されている際に未閲覧の目論見書がある場合、自動リバランス設定は「停止中」となり、次回以降の自動リバランスを行いません。自動リバランス設定を再開する場合は、投資信託お客様サイト【投信取引】-【リバランス】画面の「自動リバランス設定状況」で、「再開」ボタンをクリックしてください。
  • お客様の通知設定により、自動リバランス設定が停止した際に電子メールでお知らせします。詳細はこちらでご確認ください。
【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • ※理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • ※こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※当社へのお問い合わせ方法は、こちらをご確認ください。