よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
口座をお持ちでないお客様
0120-021-906IP電話など03-5216-0617
口座をお持ちのお客様
0120-953-006IP電話など03-5216-8628

受付/平日 8:30~17:00

  • No : 25582
  • 公開日時 : 2019/12/06 17:00
  • 印刷

FXの逆指値注文とは何ですか。

カテゴリー : 

回答

逆指値注文とは

逆指値注文は、通常の指値注文とは逆に、現在のレートより「値上がりしたら買う」、または「値下がりしたら売る」注文方法です。一般的に「損切り」や「利益確保」に利用されます。
 
FXの逆指値注文は、次のようにレートを指定して発注します。
 
買の逆指値注文
現在のレートより「値上がりしたら買う」注文です。
発注時の買(Ask)レートよりも高いレートを指定します。
売の逆指値注文
現在のレートより「値下がりしたら売る」注文です。
発注時の売(Bid)レートよりも低いレートを指定します。
発注時のレートより±50%以上離れた価格は指定できません。
 
例えば、発注時に米ドル/円のレートが「売(Bid)109.800円-買(Ask)109.810円」だった場合、注文価格は次のように設定します。
 
買の逆指値注文
 
買(Ask)レートが109.810円から上昇し、注文価格「110.000円」に到達した時点で、価格を指定しない買注文が自動で発注されます。
 
売の逆指値注文
 
売(Bid)レートが109.800円から下落し、注文価格「108.800円」に到達した時点で、価格を指定しない売注文が自動で発注されます。

逆指値注文の利用例

損切りの逆指値注文

【例】
米ドル/円の買建玉1万通貨を建単価108.800円で保有中
現在の売(Bid)レート108.800円
 
相場の上昇を予想して買いポジションを保有している場合、相場が予想どおりに動けば利益になりますが、予想に反して相場が下落すると、際限のない損失が発生する可能性があります。
保有している建玉の決済注文(売)を逆指値で出しておけば、指定したレートで損切り注文が発注されるため、損失を一定範囲に抑えることができます。
 
売(Bid)レートが108.800円の時に、現在のレートよりも低い107.800円で逆指値の決済注文(売)を出しておけば、1円値下がりした時点で損切り注文が発注されるため、損失を10,000円程度に抑えることが可能となります。
注文価格以下の売(Bid)レートが配信された時に発注するため、お客様が注文価格で指定したレートで約定しない場合があります。

利益を確保するための逆指値注文

【例】
米ドル/円の買建玉1万通貨を建単価108.800円で保有中
現在の売(Bid)レート110.800円
 
相場の上昇を予想して買いポジションを保有し、予想どおり相場が上昇した際に一定の利益を確保する場合にも、逆指値による決済注文(売)が有効です。
 
売(Bid)レートが110.800円まで上昇した時に、現在のレートよりも低い109.800円で逆指値の決済注文(売)を出しておけば、レートが110.800円から109.800円に値下がりした場合でも10,000円の利益を確保できます。
注文価格以下の売(Bid)レートが配信された時に発注するため、お客様が注文価格で指定したレートで約定しない場合があります。

順張りの逆指値注文

【例】
現在の買(Ask)レート110.800円
相場が上昇して113.800円になったら買いたい
 
相場の上昇・下落のトレンド(起点)で買いたい・売りたい場合は、逆指値による新規注文が有効です。
 
買(Ask)レートが110.800円まで上昇した後も、さらに上昇すると予想し、現在のレートよりも高い113.800円で逆指値の新規注文(買)を出しておけば、レートが113.800円まで上昇した時に買注文が発注されるため、上昇トレンドの起点で買うことができます。
注文価格以上の買(Ask)レートが配信された時に、価格を指定しない買注文が発注されます。

逆指値注文の発注方法

逆指値注文は、FXお客様サイト【ホーム】-【新規注文】や【照会】-【建玉照会】から発注が可能です。
 

新規注文で逆指値を利用する場合

現在の買(Ask)レートより値上がりしたら買いたい場合は、逆指値を指定して新規注文を発注します。
 
買(Ask)レートが「108.800円」の時に、注文価格に現在のレートよりも高い「110.800円」を指定すると、相場が上昇し「110.800円」以上になった時に買注文が自動で発注されます。
 
【新規注文】の入力方法
 

決済注文で逆指値を利用する場合

現在の売(Bid)レートより値下がりしたら売りたい場合は、逆指値で決済注文を発注します。
 
売(Bid)レートが「108.800円」の時に、注文価格に現在のレートよりも低い「107.800円」を指定すると、相場が「107.800円」以下になった時に損切り(または利益確保)の売注文が自動で発注されます。
 
【建玉照会】の入力方法
 

【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • ※理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • ※こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※当社へのお問い合わせ方法は、こちらをご確認ください。