よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 36488
  • 公開日時 : 2022/02/25 17:00
  • 印刷

米国株の買注文が約定した後、評価損(円)が大きくなっているのはなぜですか。

カテゴリー : 

回答

「評価損益(円)」を算出する際に用いる「平均取得(円)」が過大に計算されるためです。
 
国内約定日の07:30までは、実際の受渡金額(円)を算出するための為替レートは確定していません。
 
為替レートが確定するまでは、参考レートに一定の為替余裕率を上乗せして、概算の受渡金額(円)を仮計算しています。
 
<【取引】-【現物売】または【資産状況】-【残高照会】画面>
 

評価損益(円)の計算

(①(評価単価[ドル]×TTB)-②取得平均[円])×保有株数
 
②は概算の受渡金額(円)を使用するため、評価損(円)が一時的に過大に表示される可能性があります。
 
なお、国内約定日の07:30頃、実際の受渡代金(金)が確定すると、評価損益(円)は正確な金額で表示されます。
 
評価損益(円)の計算に使用するTTB(参考為替レート)は「?」マークを押してご確認ください。
 
 
 
【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • ※理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • ※こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※当社へのお問い合わせ方法は、こちらをご確認ください。