• No : 17043
  • 公開日時 : 2017/06/26 16:21
  • 更新日時 : 2020/08/20 16:39
  • 印刷

【投信アプリ】投資信託の一括購入の運用方法について教えてください。

回答

一括購入を活用した投資信託の運用方法の流れは、次のとおりです。

STEP1 目標ポートフォリオの設定

目標ポートフォリオは、投資信託お客様サイトを初めて利用する際に設定します。
 
  「目標に設定する」をタップ  
file_image
 
     
  「ポートフォリオ注文」をタップ  
上部メニューで画面切替が可能です。
 
  「目標ポートフォリオを購入する」をタップして、「一括購入注文入力」画面へ進みます。  
 

STEP2 注文

目標ポートフォリオに設定した投資信託を一括購入します。
 
  「メニュー」をタップ  
file_image
 
   
  「一括購入」をタップ  
file_image
 
 
 
投資金額等を入力し、購入する投資信託の目論見書・目論見書補完書面を確認のうえ、「私は、上記の目論見書…」にチェックを入れ、「注文条件確認」をタップ
 
file_image
 
     
「一括購入注文条件確認」画面で、取引暗証番号を入力のうえ、「注文する」をタップします。
 
 

STEP3 注文の結果確認

  「メニュー」をタップ  
file_image
 
     
  「注文照会」をタップ  
file_image
 
     
   「注文照会」画面が表示されます。  
 
 

STEP4 ポートフォリオのメンテナンス

保有資産の比率が目標ポートフォリオの比率と乖離した場合に保有比率を調整します。
 
  「メニュー」をタップ  
file_image
 
     
  「リバランス」をタップ  
file_image
 
     
 
「今すぐリバランス」をタップ
 
なお、「自動リバランス設定」をタップすると、あらかじめ設定したリバランス日に自動的にリバランス注文が発注されるよう設定できます。
 
 
file_image
 
     
 
リバランス注文のうち、解約する投資信託と、購入する投資信託を確認し、購入する投資信託の目論見書・目論見書補完書面を確認のうえ、「私は、上記の目論見書…」にチェックを入れ、「注文条件確認」をタップ
 
上部メニューで画面切替が可能です。
file_image
 
     
「リバランス注文確認」画面で、取引暗証番号を入力のうえ、「注文する」をタップします。
 

目標ポートフォリオ以外の保有銘柄をリバランス解約対象に追加する場合

  「解約対象銘柄追加」をタップ  
file_image
 
     
 
追加する銘柄の「追加」をタップし、「決定」をタップ
 
file_image
 
     
   
リバランス注文のうち、解約する投資信託と、購入する投資信託を確認し、購入する投資信託の目論見書・目論見書補完書面を確認のうえ、「私は、上記の目論見書…」にチェックを入れ、「注文条件確認」をタップ
 
file_image
 
     
「リバランス注文確認」画面で、取引暗証番号を入力のうえ、「注文する」をタップします。
 

STEP5 ポートフォリオを解約して資金を出金する

保有している投資信託の解約方法

  「メニュー」をタップ  
file_image
 
     
  「残高照会」をタップ  
file_image
 
     
    解約を希望する投資信託の「解約」をタップ  
file_image
 
     
  「保有ポートフォリオを解約する」をタップ  
file_image      
       
  「金額指定」「全解約」から解約方法を選択  
file_image      
       
 
「注文条件確認」をタップ
 
「金額指定」の場合は、解約金額(概算)を入力し、「注文条件確認」をタップ
 
 
file_image
 
     
 
取引暗証番号を入力のうえ、「注文する」をタップ
 
 

資金の出金方法

解約注文の受渡日以降に解約代金を証券口座へ振替します。
  「メニュー」をタップ  
file_image
 
     
  「余力情報・振替」をタップ  
file_image
 
     
  「振込申込」をタップ  
file_image
 
     
  「投資信託口座⇒証券口座」にチェックを入れ、振替金額を入力し、「振替申込確認」をタップ  
file_image
 
     
  振替内容を確認のうえ、「取引暗証番号」を入力後、「申込する」をタップ  
 
 
 
 
【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。