• No : 1888
  • 公開日時 : 2016/05/19 03:09
  • 更新日時 : 2020/12/01 14:42
  • 印刷

米ドルMMFの税金について教えてください。

回答

米ドルMMFの税金の取扱いは次のとおりです。

分配金

分配金の税金は、月末の再投資に対して、20.315% (所得税15.315%、住民税5%)の申告分離課税です。
総合課税を選択することはできません。
 
ただし、支払の際に源泉徴収されて課税が終了する「確定申告不要制度」が適用されています。
また、株式(現物・信用)取引の譲渡損失と損益通算することが可能です。
 

為替差益

米ドルMMFの解約時に発生した為替差益に対し20.315% (所得税15.315%、住民税5%)の申告分離課税です。
2015年取引分までは、外貨から円への換金時に発生する為替差益は非課税でした。
2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間、復興特別所得税として所得税額に2.1%が上乗せされます。
 
取引口座の種類(一般口座・特定口座)や、1年間(1月1日から12月31日)の取引状況によって、確定申告が必要な場合があります。確定申告の要否は、次の【参照】をご確認ください。
 
【参照】 税制・確定申告
  特定口座制度
  配当金・分配金の税制・確定申告
 
 
【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。