• No : 763
  • 公開日時 : 2021/09/17 17:00
  • 印刷

「サーキットブレーカー」とは何ですか。

回答

サーキットブレーカー制度とは

先物・オプション取引で適用される「サーキットブレーカー制度」とは、先物価格に急激な変動があった場合、取引所によって一時的に取引の中断が行われる措置です。

「サーキットブレーカー」が発動している場合、各注文入力画面(※)には「サ」、「Quick情報」には「CB」(解除中は「CB解」)と表示されます。

該当ツールは、お客様サイト、お客様サイト(クラシック)、ネットストック・ハイスピード、株touchです。

サーキットブレーカーは、中心限月取引の価格変動を基準として発動されます。
また、サーキットブレーカーが発動した場合、対象株価指数を同一とする先物・オプション取引の全銘柄の取引が中断されます。

 
発動条件 制限値幅の上限(下限)値段で約定、または、買(売)呼値が提示された場合
中断時間 10分間
再開方法 中断時間経過後、制限値幅を拡大の上、板寄せ方式により取引を再開
夜間立会中も、日中立会と同じ基準で一時的に取引が中断されます。
取引が中断すると制限値幅は拡大され、最大上下2段階、拡大されます。
制限値幅が最大値幅まで拡大された場合や、14:50から日中立会終了時まで、および、翌05:35から夜間立会終了時までの時間は、サーキットブレーカー制度の適用から除外されます。
 
【参照】 サーキットブレーカー制度(日本取引所グループWEBサイト)


【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。