• No : 1864
  • 公開日時 : 2021/11/19 17:00
  • 印刷

【特定口座損益】画面について教えてください。

回答

お客様サイト【資産状況】-【特定口座損益】画面では、前営業日までに特定口座で約定した取引の「譲渡損益合計」「源泉徴収合計」、および特定口座に入金された配当金等の「配当金等合計」「配当等源泉徴収合計」等を確認できます。
【特定口座損益】画面は、スマホサイト(クラシック)および株アプリでも表示できます。
約定日の翌日06:30頃(早朝データ一括処理終了後)に更新されます。
NISA口座での取引、およびNISA口座に入金された配当金等は含まれません。
 
【参考】マネーサテライト動画:特定口座損益画面の操作方法(3分44秒)
 
譲渡損益合計 年間の譲渡損益の合計を表示します。
源泉徴収合計 年間の譲渡損益から源泉徴収される所得税と地方税(住民税)を表示します。
配当金等合計 年間の配当金・分配金の合計を表示します。
配当等源泉徴収合計 年間の配当金等から源泉徴収される所得税と地方税(住民税)を表示します。
期間指定のうえで「検索」ボタンを押した場合、その期間内での各項目の合計を表示します。

【特定口座損益】画面の検索条件指定について

 
の条件を指定後、「検索」ボタンを押してください。取引等の詳細を表示する場合は、「取扱区分」を必ず選択してください。検索条件指定の各項目の詳細は、次のとおりです。
期間指定(月単位) 1か月単位で検索ができます。毎年1月~3月は前年1月分から、4月~12月はその年の1月分から検索可能です(時期によって、検索できる期間に違いがあります)。
月単位での表示となるため、例えば「17/01」を選択した場合は「2017年1月」となります。
初期設定は、その年の1月から当月までとなります。前年の取引が確認できるのは、3月末までです。
表示は、受渡日が基準となります。
銘柄コード 銘柄を絞り込んで検索したい場合、銘柄コードを入力します。
取扱区分 検索する取引区分を選択します。
 
条件検索後の検索結果欄に表示される各項目の詳細は、次のとおりです。
銘柄 特定口座で、「現物売」「信用返済(現渡含む)」「信用配当金の受渡」「配当金等の受入」「投資信託解約」「米ドルMMF解約」を行った銘柄を表示します。
取引区分(種類) 取引の区分を表示します。「返済」「現物」「現渡」「信用配当金」「権利調整金」「配当金」「投信」「投信分配金(普通)」「投信分配金(特別)」「投信償還金」「外国投信」「外国投信分配金」があります。
制度信用取引の場合は「半年」、無期限信用取引の場合は「無期」、短期信用取引の場合は「短期」、一日信用取引の場合は「一日」を表示します。
売買 「買」「売」の別を表示します。
数量単価 「現物売」「信用返済(現渡含む)」「投資信託解約」「米ドルMMF解約」時には数量と約定単価を表示します。
配当金等の受入時は、配当金等が支払われた数量と1株当たり配当等単価を表示します。
譲渡代金
配当額
譲渡代金 「現物売」「信用返済(現渡含む)」「投資信託解約」「米ドルMMF解約」時の「約定単価×約定数」を表示します。
配当額 「配当金等の受入」時の「配当金等単価×株数」を表示します。
取得代金
諸経費
所得税
地方税
取得代金 「現物売」「信用返済(現渡含む)」「投資信託解約」「米ドルMMF解約」に対応する、「現物買」「信用新規建」「投資信託購入」「米ドルMMF購入」時の取得代金を表示します。「現物買」の場合、平均取得単価の計算に手数料を含めて計算するため、「取得代金=平均取得単価×株数」となります。
諸経費 諸経費の内訳は次のとおりです。
  • 現物売:売却手数料
  • 信用売返済(買建玉):新規買建時の手数料+買方金利+管理費+名義書換料-逆日歩+返済時の手数料
  • 信用買返済(売建玉):新規売建時の手数料+返済時の手数料+逆日歩+管理費+信用取引貸株料-売方金利
  • 現渡:新規売建時の手数料+逆日歩+管理費+信用取引貸株料-売方金利
  • 投資信託解約:売却手数料
諸経費の合計がプラスの場合、赤字で表示します。諸経費の合計がマイナスの場合、黒字で表示します。
所得税 配当金等の受入時の所得税を表示します。
地方税 配当金等の受入時の地方税(住民税)を表示します。
譲渡損益 「現物売」「信用返済(現渡含む)」「投資信託解約」「米ドルMMF解約」時は「譲渡代金-(取得代金+諸経費)」で計算して表示します。
配当金等の受入時は、源泉徴収後の金額を表示します。

なお、の条件を指定後、「出力」ボタンを押すと、検索結果をファイル(CSV形式)で出力することができます。

出力方法の詳細はこちらでご確認ください。

【ご注意】

  • 現物買付時の平均取得単価は、特定口座で保有している同銘柄全体の手数料を含めた買付代金をもとに計算しています。そのため、特定口座損益画面の譲渡損益合計は、実際のお客様の現金残高の推移とは異なりますが、税務上は有効な数字となります。
  • 当日から15か月前までの株式取引の売買損益は、【資産状況】-【株式売買損益】画面で確認できます。
 
 
 
【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。