よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1986
  • 公開日時 : 2016/05/19 03:10
  • 更新日時 : 2018/01/29 16:49
  • 印刷

仮名取引・借名取引とは何ですか。

回答

仮名取引・借名取引とは、他人の名前や架空の名前を使用して、本人以外の人が取引を行うことです。上場有価証券等の取引は、口座名義人が自身の資金で、自らの投資判断を持って取引を行うよう法令諸規則により定められています。

このような行為は、脱税やマネー・ロンダリング、相場操縦などの不公正取引になることから禁止されています。

仮名取引・借名取引に該当するケース

他人や架空の名義で口座を開設し、取引を行っている場合。
ご家族やご友人などから取引のすべてを一任されているような場合。
(口座名義人が投資判断を行っていない、または、口座名義人の資金ではない場合)
複数人が一つの口座を利用して取引を行っている場合。

 

【参照】 不公正取引
  家族名義で口座開設できますか。
 
 
【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • ※理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • ※こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※当社へのお問い合わせ方法は、こちらをご確認ください。