よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 24495
  • 公開日時 : 2019/07/12 17:00
  • 更新日時 : 2019/10/11 17:30
  • 印刷

貸株サービスの利用方法を教えてください。

回答

貸株サービスを利用するには、会員画面内で貸株口座の開設が必要です。
信用取引口座を開設している場合は、貸株口座は開設できません。信用取引口座の解約完了後、貸株口座の開設が可能となります。
 
貸株口座は、原則、営業日の23:00までに申込みした場合、翌日の夜間データ一括処理終了後(翌03:00頃)に開設が完了します。
口座開設完了後、お客様が保有している貸株対象銘柄は、口座開設時に「貸株口座開設基本設定」で指定した権利取得設定で、自動的に全数量が貸出しされます。
初回の貸出分は、銘柄ごとに権利取得設定や貸出数量を変更することはできません。
 
  1. 会員画面内【口座管理】-【各種口座開設状況】画面「貸株口座」欄の「開設する」を押してください。

     
     
  2. 「貸株口座の電子開設の承諾をする」画面が表示されます。内容を確認のうえ、各種書面の電子交付に承諾する場合、チェックボックスにチェックを入れ、「送信する」を押してください。


     
  3. 権利取得設定(権利確定日前での貸株設定解除の有無)の基本設定を選択し、「確認する」を押してください。
     
    【参照】 貸株サービスの権利取得設定とは何ですか。

     
  4. 権利取得設定(権利確定日前での貸株設定解除の有無)の基本設定を確認のうえ、取引暗証番号を入力し、「申込する」を押してください。


     
  5. 会員画面内【口座管理】-【各種口座開設状況】画面の「貸株口座」欄が「開設中」と表示されます。「開設済」と表示されれば、開設完了です。
    原則、営業日の23:00までに申込みした場合、翌日に開設されます。夜間データ一括処理終了後(翌03:00頃)、【各種口座開設状況】画面の「貸株口座」欄が「開設中」から「開設済」に変わります。口座開設後は、対象銘柄の設定内容に応じた数量が自動で貸し出されます。

    貸出設定は、開設日の翌営業日17:00(夕方データ一括処理終了後)以降、会員画面内【株式取引】-【貸株サービス】画面でご確認ください。当日の貸出数量は、現在保有している数量と貸出設定の設定内容から、夕方データ一括処理で決定します。
    貸株口座開設時に設定した貸出の設定内容は、口座開設以降に、貸株対象銘柄を買付・入庫等された場合にも、適用されます。貸出の設定内容は、口座開設後も会員画面内【株式取引】-【貸株サービス】画面で変更が可能です。
 
【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • 理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。