よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 514
  • 公開日時 : 2019/07/12 17:00
  • 印刷

プレミアム空売り銘柄が翌営業日以降に任意決済された場合、プレミアム空売り料はどうなりますか。

回答

プレミアム空売り銘柄を新規建日当日に返済できず、翌営業日以降に当社の任意で当該建玉が決済された場合、新規建の受渡日から任意決済の受渡日までのプレミアム空売り料が発生します。

プレミアム空売り料は日々変動し、受渡ベースの両端入れ(建日、返済日、当社休業日を含む)で計算します。
プレミアム空売り料の他に、貸株料や任意決済手数料も発生します。


【例】
4月2日に新規建(受渡日4月4日)、4月3日に任意決済(受渡日4月7日)となった場合

  4月1日 4月2日
新規建約定日
4月3日
任意決済約定日
4月4日
新規建受渡日
4月5日 4月6日
4月7日
任意決済受渡日
4月8日 4月9日 4月10日 4月11日 4月12日 4月13日


新規建の受渡日(4月4日)から任意決済の受渡日(4月7日)までの4日分のプレミアム空売り料が発生します。

  • 受渡日4月4日から4月6日までの3日分のプレミアム空売り料は、4月2日約定分のプレミアム空売り料が3日分適用されます。
  • 受渡日4月7日のプレミアム空売り料は、4月3日約定分のプレミアム空売り料が適用されます。

 

【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • ※理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • ※こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※当社へのお問い合わせ方法は、こちらをご確認ください。