よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 9027
  • 公開日時 : 2019/12/20 16:00
  • 印刷

源泉徴収税拘束金はいつ確定しますか。

回答

源泉徴収税額は、立会時間中は源泉徴収税拘束金として仮計算し、データ一括処理(夕方・夜間)において再計算します。
 
最終的な源泉徴収税は、夜間データ一括処理終了後に確定し「源泉徴収」として、お客様サイト【資産状況】-【精算表】画面に反映されます。
 
立会時間中、夕方データ一括処理、夜間データ一括処理における計算方法は、次のとおりです。

立会時間中の仮計算

前日までの通算損益を元に源泉徴収税額を注文約定時点で計算し、源泉徴収税拘束金として夕方データ一括処理時まで譲渡益の20.315%(所得税15.315%、住民税5%)を拘束します(発注時点では拘束しません)。
 
1日において計算された源泉徴収税額の最大値を拘束します。
 
立会時間中の仮計算では、取得価額に当日約定分の手数料・消費税は含まれません。

夕方データ一括処理時の計算

夕方データ一括処理により手数料・消費税が確定しますので、立会時間中に仮計算された源泉徴収額の再計算を行います。

立会時間中の仮計算で計算された源泉徴収税拘束金は修正され、営業日翌日02:00~03:00の夜間データ一括処理時まで拘束します。

夜間データ一括処理時の計算

当日の信用返済銘柄に逆日歩が発生した場合等、源泉徴収税額に差額が生じた時に調整します。
 

【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • ※理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • ※こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※当社へのお問い合わせ方法は、こちらをご確認ください。