よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 595
  • 公開日時 : 2020/07/20 17:00
  • 更新日時 : 2020/12/28 19:53
  • 印刷

非課税期間である5年を経過した場合、NISA口座で保有する上場株式・投資信託等はどうなりますか。

回答

 
<2016年NISA口座で買付した株式・投資信託等について>
2020/12/30の終値(投資信託は基準価額)で移管されます。お客様サイトの平均取得単価や口座区分の表示が年末年始は正しく表示されません。詳細は「移管に伴う年末年始のご注意」をご確認ください。
 
 
NISA口座では非課税期間5年が経過した場合、非課税での運用が終了します。
 
非課税期間が経過する上場株式・投資信託等は、非課税期間終了前に売却するか、翌年のNISA口座投資可能枠に移管(ロールオーバー)手続きを行ってください。
 
移管(ロールオーバー)手続きをしない場合は、非課税期間終了時に課税口座へ移管します。

保有株式の取得年は、お客様サイト【資産状況】-【預り残高一覧】画面で確認できます。

翌年のNISA口座投資可能枠に移管(ロールオーバー)する

翌年のNISA口座投資可能枠にロールオーバーすると、さらにNISA口座で5年間保有し続けることが可能です。引き続き5年間は、上場株式・投資信託等の売却益・解約益および配当金・分配金が非課税となりますが、ロールオーバーした分、翌年のNISA口座投資可能枠が減少します。

ロールオーバーは、非課税期間が終了する年の最終営業日の時価・基準価額で行います。
NISA口座で買付した価格とロールオーバーを行った時価・基準価額との差額は、損益として計上されません。

<例>
2016年にNISA口座で買付した株式を売却しないまま、2020年に非課税期間が終了し、2021年のNISA口座投資可能枠に時価合計(70万円)でロールオーバーする場合
  • 2021年分のNISA口座投資可能枠 120万円-70万円=50万円
  • ロールオーバーした株式の非課税期間 2021年から2025年(5年間)
なお、ロールオーバーする上場株式・投資信託等の時価がNISA口座投資枠(120万円)を超える場合でも振替は可能ですが、翌年のNISA口座投資可能枠は0円になります。

手続き方法

翌年のNISA口座投資可能枠にロールオーバーをご希望の場合は、当社受付期間内にお客様サイト【口座管理】-【書類請求・申込】画面から「NISA移管依頼書」の申込数「1」を選択のうえ、お申込みください。当社からご登録住所宛てに必要書類を発送します。
当社受付期間外は【書類請求・申込】画面に「NISA移管依頼書」は表示されません。
 
【ご注意】
  • 「NISA移管依頼書」は自動発送されません。書類請求のお手続きが必要です。
  • 当社受付期間については、ロールオーバー対象の株式を保有しているお客様へ、事前にお客様サイトでご連絡します。
  • 書類の発送時点で、非課税期間が終了する株式・投資信託等を保有されていない場合、書類の発送は行いません。
  • 同一の金融機関等に開設するNISA口座内でのみロールオーバー可能です。
  • ロールオーバーの手続きを行った場合、移管作業が完了するまで、受渡しが翌年となるNISA口座での買付は制限されます。
  • ロールオーバーした株式の買付時の取得価額や取得日は、お客様サイト上で確認できません。

課税口座に移管する

NISA口座で売却・解約せず、翌年の非課税投資枠にロールオーバーを行わない場合は、課税口座の特定口座(未開設の場合は一般口座)へ移管します。お客様ご自身での手続きは不要です。
 
課税口座に移管する場合、移管する上場株式・投資信託等の取得価額は、非課税期間が終了する年の最終営業日の時価・基準価額となります。
NISA口座で買付・購入した価格よりも課税口座に移管する際の価格が下落していた場合であっても、当初の取得価額と課税口座へ移管する際の時価・基準価額との差額に係る損失はないものとされます。
 
【ご注意】
  • 課税口座に移管後、お客様サイト上で買付時の取得価額や取得日は確認できません。
  • 課税口座に移管後、発生する株式や投資信託等の売却益・解約益や支払開始日を迎える配当金・分配金は、課税対象となります。

非課税期間終了前に売却する

株式の場合

非課税期間が終了する年の最終営業日の2営業日前までに売却すると、上場株式等は非課税となります。
大引けまでに売却注文が約定する必要があります。
 
最終営業日の前営業日以降の売却注文は、受渡日が翌年になります。受渡日が翌年になる場合は、非課税の対象にはなりません。

投資信託の場合

投資信託は銘柄ごとに受渡日が異なります。
 
非課税期間が終了する年の最終営業日までに受渡しが行われる解約益は非課税となります。
 
受渡日が、非課税期間が終了する年の翌年となる解約を行った場合、非課税の対象とはなりません。
 
各投資信託の受渡日は、投資信託お客様サイト【投信取引】-【残高照会】画面で銘柄名を押して表示される「銘柄詳細情報」画面-「取引情報」でご確認ください。

移管に伴う年末年始のご注意

2016年NISA口座で買付した株式は2020年12月末に2021年NISA枠へロールーオーバーまたは課税口座(特定口座・一般口座)に移管されます。2020年~2021年の年末年始の表示はこちらです。
お客様サイト・項目
表示期間
表示内容
各画面の平均取得単価
2020/12/31(木)03:00~
2016年買付時の価格と2020/12/30(水)終値の平均で計算されているため正しく表示されません。
2021/1/5(火)03:00~(※1)
2020/12/30(水)の終値を取得価額として再計算して表示します。
取得年別残高一覧<NISA口座>
2020/12/31(木)03:00~
2016年に取得した内容が表示されています。
2021/1/5(火)03:00~(※1)
取得年が2021年に修正されます。ロールオーバーや課税口座に移管した株式・投資信託等の買付時の取得価額や取得日は、お客様サイト上で確認できなくなります。
【資産状況】-【取引履歴】
2020/12/31(木)03:00~
2021/1/4(月)付けで、「NISA口座・出庫」「NISA口座・入庫」「一般口座または特定口座・入庫」と表示します。
【資産状況】-【余力情報】NISA口座投資状況
2020/12/28(月)17:00~
ロールオーバーした方は、2021年の投資可能枠はロールオーバー額にかかわらず、一律120万円投資済の状態で表示されます。
2020/12/31(木)03:00~
ロールオーバーした方は、2021年のNISA枠が更新されます。投資可能枠があれば発注が可能になります。
 
※1:一部口座状況により、2021/1/6(水)3:00まで修正に時間がかかる可能性があります。
 
なお、2016年NISA口座で買付された株式の非課税期間は2020/12/28(月)約定分までです。12/29(火)と12/30(水)に売却した場合、2021/1/4(月)に約定訂正を行います。約定訂正後は2020/12/30(水)の終値を取得価額として再計算しますので、売却した時点の損益とは異なります。ご注意ください。
 

 
【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • ※理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • ※こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※当社へのお問い合わせ方法は、こちらをご確認ください。