よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1867
  • 公開日時 : 2016/05/19 03:09
  • 更新日時 : 2018/11/28 14:29
  • 印刷

特定口座の源泉徴収区分(源泉徴収あり・源泉徴収なし)を変更することはできますか。

回答

特定口座の源泉徴収区分は、ネットストック会員画面内より変更受付が可能です。

特定口座の制度上、源泉徴収区分の変更を希望される年に、すでに特定口座内で取引(現物売却、投資信託解約、米ドルMMF解約、返済、現渡)を行っている場合や、配当金等(配当金、分配金、信用配当金、税額還付金)の受払いが発生している場合、同年内の変更はできません。


源泉徴収区分の変更は、原則、書類による手続きが必要です。受付手続きの後、当社より書類をお送りします。

返送いただいた書類が当社へ到着次第、源泉徴収区分の変更手続きを行います。

なお、特定口座(源泉徴収あり)は変更せず、「配当受入あり」と「配当受入なし」の区分のみ変更希望の場合は、ネットストック会員画面内上部【ホーム】-左側【問い合わせ・ご意見】画面、または松井証券顧客サポートで書類の発送を受付します。
 

源泉徴収区分の変更受付方法

  1. ネットストック会員画面内上部【口座管理】-左側【登録情報】画面で、取引暗証番号を入力のうえ、「認証する」ボタンをクリックしてください。



     
  2. 「特定口座源泉徴収区分変更」ボタンをクリックしてください。


     
  3. 変更希望の変更年と源泉徴収区分、手続書類の送付先を選択のうえ、「確認する」ボタンをクリックしてください。
    口座状況により表示内容が異なるため、次のイメージ画像と文言等が異なる場合があります。
    手続書類を登録住所以外へ送付する場合、「一時的送付先指定」を選択のうえ、ご希望の送付先住所を入力してください。
    「源泉徴収あり(配当受入なし)→源泉徴収なし」への変更の場合、会員画面上で手続きが完了します。そのため、手続書類の送付先指定はありません。



     

  4. 【特定口座源泉徴収変更確認】画面に表示された、変更年と源泉徴収区分、送付先住所をご確認のうえ、お間違いがなければ「郵送申込」ボタンをクリックしてください。受付手続きが完了します。
     
  5. 後日、お手元に手続書類が到着しましたら、内容をご確認のうえ、松井証券にご返送ください。当社で変更手続き完了後、ネットストック会員画面内上部【口座管理】-左側【登録情報】画面の表示が変更されます。

 

【ご注意】

  • 「源泉徴収なし」から「源泉徴収あり」に変更した場合、自動的に特定口座での配当金受入が可能な「配当受入あり」口座となります。ただし、実際に配当金等を当社の特定口座に受入れ、譲渡損失と損益通算を行うには、会員画面上で「配当金受領方式」を「株式数比例配分方式」で登録する必要があります。配当金受領方式の変更についての詳細はこちらをご確認ください。
  • 特定口座(配当受入あり)の場合、投資信託および米ドルMMFの分配金は、配当金受領方式に関わらず特定口座に受入れられ、譲渡損失と損益通算が行われます。
  • お手続きの完了前に、変更希望年に受渡しを迎える取引(現物売却等、返済、現渡)を行った場合、配当金等(配当金、分配金、信用配当金、税額還付金)の受払いがある場合、発注中である場合、源泉徴収区分の変更を受付できません。
  • 課税ジュニアNISA口座の特定口座の源泉徴収区分は、未成年口座の源泉徴収区分にかかわらず、源泉徴収あり(配当受入あり)に固定されます。未成年口座の源泉徴収区分は連動しないため、未成年口座の源泉徴収区分を変更しても、課税ジュニアNISA口座の特定口座の源泉徴収区分は変更されません。


【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • 理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。