よくあるご質問(Q&A)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくあるご質問(Q&A)

口座をお持ちでないお客様
0120-021-906IP電話など03-5216-0617
口座をお持ちのお客様
0120-953-006IP電話など03-5216-8628

受付/平日 8:30~17:00

  • No : 1821
  • 公開日時 : 2016/05/19 03:09
  • 更新日時 : 2020/09/16 16:44
  • 印刷

【余力エラー 差金決済となるため、発注できません】と表示されて注文できません。

回答

「差金決済」とは、受渡日に買付代金または売却有価証券の提供を行わずに、反対売買の差金により決済することです。
差金決済は、信用取引等を除いて法令で禁止されています。

同一受渡日における同一銘柄(同一資金)の取引で、「買付→売却→買付」または「売却→買付→売却」の取引は、「差金決済」に該当する可能性があります。

「差金決済」に該当する場合、注文の発注ができません。

  実例(同日中の売買)
現物買付余力
100万円
約定
A銘柄現物
1株110万円
発注可能
   
現物買付余力
110万円




約定


 
 
A銘柄現物
1株100万円
発注不可
A銘柄現物
1株100万円
発注可能
 
B銘柄現物
1株100万円
発注可能
【説明】
法令により、A銘柄を買付した後にA銘柄を売却した場合、同日中は、A銘柄の売却代金は再度A銘柄の買付には利用できません。なお、他の銘柄の買付には利用できます。
【A銘柄を現物買するには】
・ 証券口座に入金をする(A銘柄買付代金相当額)
・ 他の銘柄を売却する(A銘柄買付代金相当額)
・ 翌営業日に発注する
現物買付余力
0円
A銘柄1株保有
100万円
 

 


 

約定
②A銘柄現物
1株90万円
発注可能
 

 


 

約定
③A銘柄現物
1株
発注不可
 
①A銘柄現物
1株 100万円
発注可能
【説明】
法令により、売却注文(③)を発注する場合、売却代金(①)を買付代金(②)に充当できなくなります。
【A銘柄を売却するには】
・ 証券口座に入金をする(A銘柄買付代金相当額)
・ 他の銘柄を売却する(A銘柄買付代金相当額)
当日買付した銘柄の売却代金は使用できません
・ 翌営業日に発注する
表中の計算は手数料、諸経費等を考慮していません。


【ご注意】 商品・サービスごとの投資に係るリスクおよび手数料等の説明は、こちらをご覧ください。
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
  • ※理由を入力後、『送信』ボタンをクリックしてください。
  • ※こちらの入力フォームからのお問い合わせ等は受付けできません。個人情報の入力はご遠慮ください。
  • ※当社へのお問い合わせ方法は、こちらをご確認ください。